マンニング部門

弊社の外国人船員は、経験豊か。簡単な日本語会話なら理解できます。

遠洋漁船に乗り組む日本人船員の減少と高齢化が進んでいる近年。弊社は船員不足を補うべく、平成2年からインドネシア人漁船員のトレーニングを開始し、マンニング業務へと参入いたしました。
参入当初は遠洋マグロはえ縄漁船に偏っておりましたが、その裾野を冷凍運搬船、工船トロール漁船、海外巻き網漁船と拡げ、今や日本の遠洋漁業にはなくてはならない存在になっております。
また、海外巻き網漁船が入域操業を行っている中西部太平洋水域の島嶼国から要請を受け、ミクロネシア人をはじめとする船員を海外の巻き網漁船へと配乗する業務も行っております。
さらに弊社からお送りする外国人船員は、過去にも日本漁船にて同様の業務に携わったことのある経験者がほとんどです。
その経験により最少限の日本語能力は備わっておりますので、業務をスムーズに進められます。

【配乗先と配乗員数(平成31年1月現在)】

配乗先 配乗隻数 配乗員数
遠洋マグロ漁船 20隻 240名
工船トロール漁船 2隻 20名
海外巻き網漁船 24隻 120名
合計 46隻 380名

【主な取引会社】

住吉漁業株式会社、極洋水産株式会社、
共和水産株式会社、荻布漁業生産組合、
福一漁業株式会社(敬称略・順不同)

業務フロー

依頼 船主様よりご依頼いただきましたら「日時」「場所」「必要な人数」をお伺いします。
ご依頼例) 「20XX年の○月△日、清水に、インドネシア人の甲板員10名と機関員4名、
ミクロネシア人の甲板員3名が欲しい。もし用意できるなら、コック長も欲しい」
 
船員の面接 船員を面接いたします。弊社はインドネシアおよびミクロネシア現地へと社員が直接出向いて面接しているため、船員の質にはよりご安心いただけます。
 
船員リストのご提出 面接から選出した船員のリストを船主様へご提出し、最終確認をしていただきます。
この時点でも船員へのご不明点・ご不安な点があれば何なりとご相談ください。
 
乗船手配 来日する船員が漁船へとスムーズに乗船できるよう手配いたします。
主に船員の航空券の購入、船員手帳の作成、国内移動手段の手配などを行っております。
なお、船員の保険については、弊社における損害率に基づき包括割引と実績割引が適用されます。
 
乗船 御社の指定の日時、港にて乗船いたします。

※弊社では、漁船が日本の港に入港する時は訪船し、船員のケア等を行っております。
※巻き網船に乗下船するオブザーバーの国内アテンド業務も行っております。

▲ページのトップに戻る